購入のロケット

ハードカバーの単行本であったため、価格面で躊躇いました(文庫本が出る迄、待とうかな??!)が、購入してリビングに置いておいたら、子供達が「これ読みたかった!!」と言い、早速、読み出していました。「空飛ぶタイヤ」を始め、興味があるので、更に読破しようとと思っています。補足)「wowow」でのドラマが始まりました。契約していないので見られませんが、気になります。プレゼントに最適です。なんと言っても購入の手間がかからない直木賞受賞をきっかけに妻が読んでみたいという事で、購入しました。書店オススメ書評などや他のメディアでも受賞前から評判でしたので、やはり読み応えのある一冊でした。同時に池井戸氏の著作を一気に読み始めているところです、上司の推薦で購入しました。自分はエンジニアですが、心が熱くなりました。エネルギーをもらえました。空飛ぶタイヤが面白かったのと、話題になっている為購入しました。他の方も書かれている通り一気に土日を使って読んでしまいました。読後の感想としては、空飛ぶタイヤ程の感動は無く、ただ面白かったというところでしょうか。表紙のデザインがお洒落で目を引き、内容を見る為に本を手にして納得。即購入。とても読みやすく、ドキドキ・ハラハラし最後は感動し、胸が熱くなりました。づっと読んでみたいと思いつつ、なかなか本屋さんへ行く余裕が無くて・・結局ネットで購入と言う事に・・好評な本だけに到着が待ち遠しいです。作者の作品は江戸川乱歩賞以来結構読んでいます。3度目の候補作品で読んでみたくなり購入しました。期待を込め星5つです。WOWOWで連載しはじめ、これからの展開が面白そうなので、購入。番組を見るよりも、書籍の方が、集中できてよい。読んでみて、面白い。よく出来ている。専門知識も、かなり、こなれている。他の執筆本も読みたくなり、購入したいと思っています。家族に頼まれて購入しました。期待通りの内容だったようです。普段は特別多くの本を読む方ではありませんが、目にとまり購入しました。地元の風景も登場しますし、色々な部分で気分爽快になれてとても良い気分になれなした。とても良い本です。評判が良かったので気になっていましたが、まだハードカバーなのでちょっと金額が。基本、文庫本での購入派なのですがガマンできなくて購入しましたが良かったです。町工場好きの相方が読みたがったので購入しました。事実に基づいた作品ということで裏にはこんなことがあるのかとびっくりし、エールを送りたくなりました。WOWOWの連続ドラマを見て、興味を持ち購入しました。おおよその内容は知った上で読み始めましたが、一気に読み終わりました。現在は妻が読んでいる最中ですが、夫婦揃って高評価です。原作の人物像が映像に反映されていると感じます。TVで3回見て購入しました。頭脳の活性化に是非読んでください。注文番号 直木賞を取られたので、購入しました。一気に読んでしまいました。大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。下請けいじめ、資金繰り難、多額のお金が入った事による従業員たちと佃の不協和音。佃製作所の熟練の技と大企業の機械の精度の戦い。などなど、盛り沢山の内容がかみ合い、面白かったです。終盤では、「え!水面下で、そんな事まで仕組んだの!!」と、驚きもありました。最後まで読みあげた時は、感動の涙でした。池井戸潤さん、素晴らしい作家さんですWOWOWの連続ドラマW下町ロケット」佃航平役を三上博さん主演です、私のイメージにぴったりです話題の直木賞作品だったので、自分でも読みたいなと思っていましたが、小6の娘も読みたいとのことだったので、早速ネットで購入しました。娘は3日ほどで読み切ったみたいです。かなり面白かったようです。かみさんのリクエストで購入。面白いとかみさんが勧めたので読んだのですが、流れるようにスルっと読めました!電車の中の広告を見て購入したくなりました。読み始めるととても親近感が有り、どんどん続けて読みたくなってしまいます。ハラハラドキドキ感があり、最後は涙がでそうになってしまいました。家族にも勧めてみようと思います。ちょこちょこ難しい言葉が出てくるので流して読んじゃってる所もありますがw後半はハラハラドキドキしっぱなしで、あっという間に読んでしまいました。入院してる友人に元気になるような本を贈りたい、と思って購入してみたのですが、この本を選んで大正解でした。友人に頼まれて購入しました。 届くのがとても早くて、早く渡せてよかったです。直木賞受賞作品という事もあり、とても面白そうです。ありがとうございました。一気に五冊の購入ともあり楽しみながらの読書のため、まだ読んでいませんがとても楽しみにしているそうです。知人の年配のおじさんに面白いからと勧められて購入しました。企業の繋がり、男のロマン、社内の上下関係・・・男性のほうが好んで読む内容かもしれません。登場人物はおっさんばかり(笑)それでも、私は読むのを止められずに家事を半分ほったらかしで一気に読みました。話がやたらとうまく進むな〜って思う部分もありましたが、全体的にはなるほど〜と感心しました。映像になったら面白い話だと思っていたら、ドラマ化されているようですね。そちらも気になるところです。電車の広告に釣られて購入。前半に比べ後半の展開が??都合良く行き過ぎと感じました。直木賞受賞作品と聞いて、購入してみました。下町の中小企業を対象に日本経済を支えている製造業の逞しさに感服させられると共に経営者の頑張りに敬服させられる作品です。読んだ後、とても清々しい爽快感を覚えたのは私だけでしょうか?ドラマを見て購入しましたが、「おもしろい!!!」です。一気に読んでしまいました。ハラハラドキドキの展開があり、ひとつ小気味よく解決したかと思えば次のハラハラ、また解決かと思えば次へと、何処でまとまるんだという思いで読みました。とにかくおもしろい。そして小気味よい作品でした。